治療困難な難病と、それに立ち向かう医療のテクニック

新しい治療方法

薬局

がん治療は現在、主に3つの治療法があります。その3つとは、手術療法、薬物療法、放射線療法です。これらの治療法は、体の負担が大きく副作用が強いという問題点があります。その為、がん治療は患者にとって辛く厳しいものとなっている現状があります。 しかし近年、副作用が少ないNK療法と呼ばれる治療法が開発され注目を浴びています。NK療法とは、人間の持つNK細胞を大量に増殖、培養し体内に注入する治療法です。NK療法の元になるNK細胞はがん細胞に対して強い傷害能力があります。NK細胞を大量に体内に入れる事でがん細胞の増殖を抑えたり免疫機能を活性化させる効果があるとして期待されています。付け加えておきたい点として、NK療法は自己のNK細胞を治療薬として使う為、安全な治療法だと言えるでしょう。

NK療法は、この様に副作用が非常に少ない治療法として注目されています。しかし、注意しておきたい点がいくつかあります。その幾つかを紹介しましょう。一つは、副作用が全くない訳ではないという点です。NK細胞を体内に入れる事で激しい免疫反応が引き起こされる為、発熱や悪寒等の症状がでる場合があります。 二つ目に、NK療法でがんを根治する事は現時点では難しいという点です。多くの場合、他の治療法と組み合わせて行うのが一般的です。しかし、NK療法を併用する事で他の治療法の副作用を軽減する効果も期待されています。 最後に、NK療法は保険外診療だという点です。その為、その他の治療法に比べて費用が割高になります。全て自費の治療となるので高額療養費制度等の制度も使用出来ない点も覚えておきましょう。