治療困難な難病と、それに立ち向かう医療のテクニック

組み合わせて治療

聴診器とカルテ

先天的に脳の障害を持った人は多数存在しています。その病気の一つとしては脳動静脈奇形があります。痙攣や破裂をするまで気づかれないことも多い病気です。この治療には外科手術や放射線照射法などがあり、組み合わせても行なわれます。

Readmore

診断し治療する

注射準備

後縦靭帯骨化症は難病に指定されている病気で、手術かリハビリで進行を止めることが行なわれます。診断も難しいので、レントゲンやCT、MRIなどで正確に診断し、適切な治療方法を探ることになります。

Readmore

新しい治療方法

薬局

がん治療には切除術や放射線治療、免疫療法などがあります。その中でも最も新しいのがNK療法とよばれるものです。副作用も非常に少ないことから、注目度が高い療法となっています。

Readmore


難病と向き合う

病院の廊下

ひどいときには、「ただ症状だけがあって、他のことは何から何まで不明である」というものまであるのが、医療が立ち向かう病気の世界です。
それは至るところからやってきて、思わぬ理由で発症し、さまざまな努力によってその解決策が発見されます。
人の歴史は、「医」の概念を打ち立てた人間と、病気との絶え間ない応酬の歴史だと言っていいでしょう。
歴史を見てみると、「何から何まで不明である」とされた当時の難病が、さまざまな研究や天才的なひらめきによって克服されてきたことが分かります。
今は、死の病とされた結核は治療可能な病気となっていますし、ペストは根絶されたと言われています。
エイズですら、その発症を抑えたり遅らせたりすることが可能になりつつあるという話があり、人類の宿痾である癌を治療する方法も、日夜開発されているのです。
難しい病気は今も存在し、未来も存在するでしょう。過去に存在したように。
しかし、それらはきっと克服されるものなのです。過去に医療が克服し、今この瞬間、克服しつつあるように。

「難病」に指定されるさまざまな病気があります。シリアスなものからライトなものまで。生命を左右するものから、そうでないものまで。
さまざまな難病があり、「難病指定」というものがあり、その病気に罹った人を受け入れる特別な病院があります。
よく知られている難病としては、脳動静脈奇形とか、後縦靱帯骨化症といった病気があります。これらは原因が定かでなかったり、治療方法がきわめて難しい手術でなければ治らないものだったりするので、おのおの「難病」と呼ばれています。
そして、「うちなら面倒を見てあげられます」という病院で、症状を抑えたり、あるいは思いきって難しい治療に挑戦してみたりということが行われるのです。
病院のほうも、難病や治療困難な病気をただ漫然と見ているだけではなく、さまざまな治療方法を開発しています。
たとえば、最近では癌を治療するためのNK療法(免疫細胞療法)という方法が注目されています。